2006年07月30日

アニキ!

試合はあれでしたが、MDPは楽しめましたよ<広島戦



今回、栗澤が信男さんの紹介記事を書いていて、↓の部分にすごく目を引かれました。


「ノブさん、いつもご自宅に呼んでいただきありがとうございます。でも、ノブさんから始めた会話の途中で、突然寝るのはカンベンしてくださいよ(笑)。あまりにすぅっと寝てしまうので全く気付かないので・・・・・・。」


信男さん・・・(´∀`)

双子ちゃんに本読んであげながら、自分が先に寝ちゃうんでしょうか?(´∀`)

「パパ、パパ! もぅ、またソファで寝ちゃったの?」
なーんて、奥さんを困らせたりしてるんでしょうか?(´∀`)


妄想爆走族でございます。
posted by jimon at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京爆走族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛田給花火大会

200607291930000.jpg




花火300発







得点0







orz




なんだかまぁ、今年一番のというか今までで1・2を争うつまらない試合でした。

人は動かない、ボールは奪えない、ヤル気は感じられない。





「おまえら、プロなんだろ?」




と本気で思いました。・・・・・・初めてですよ。


以下雑感。

・ユータは良かった
・ルーカスの代わりはいない
・信男さん・・・
・リチェーリは今年はもう出すな。あと1年は練習させてから!
・なぜDFがそんなに攻めあがる? 最終ラインがら空きじゃない!
・モニは攻撃で悔しがらないで、ちゃんと守備してください
・ゴールは前にあるんですよ、前にパスしましょう





試合終了後、色々コールが起こりました。

「ガーロやめろ」「サッサー」「原東京」

どれも僕個人としては「??」で、確かにサッカーがつまらなくなったし、僕も「監督がかわれば・・・」と思ったこともあります。
だから監督解任のコールは理解できないわけではありません。


でもササのコールや原さんのコールはいけません。
過去のことは過去のこと。前を向いて支えるべきサポーターが過去の「美しい思い出」に浸ってどうするの?


素人目に見てもわかるぐらい選手の出来が悪すぎた広島戦、一言たりとも選手の悪口言ってないよ、ガーロさんは。


不器用でなかなか思っていることがこちらに伝わってこないけど、原さんに負けないぐらい頑張ってんじゃん。

信じて応援してこうよ。
posted by jimon at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | エフシ〜トッキョ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ガーロさん、たのんます!

あんまり現実逃避もあれなんで、一つ試合の雑感を。


えーっと、一言で表わすと・・・







_| ̄|〇






です、はいorz




確かに前節の福岡戦よりはかなりマシだし、試合を通じて選手たちの気迫はビンビン伝わりました。


だからこそ、いまだ何も固まらないガーロの采配に絶望するばかり。


監督にとっても選手にとっても、戦術・システムの引き出しが多いに越したことはないです。
どんな場面に出くわしても、考えてそして乗り越えられるから。

ただ今のガーロについては、きっと引き出しの多さという代物ではないと思います。

おそらく自分の理想とする形があって、それを実現すべく選手入れ替えやらシステム変更やらしているんだと、なんとなくですが思います。





それをこの間の鹿島戦で、感じました





で、その弊害っていうのが守備ラインの疲弊と混乱、となって現われているようです。



度重なるDFのミス、それをコーチングして修正する立場の土肥、今の状態じゃ統一したものがなくてコーチングしにくいだろうね。



実際、文さんが入っている間は失点はしたものの、中盤で安定した守備を見せていていたと思います。

トップチームを外から見てきた立場と経験からなせることでしょう。





で、何が言いたいかというと、現実も見ろ!と言いたいです。

選手たちも馬鹿ではありません。
これだけ日替わりで色々変わっているのに、なんとか踏張っています。

とりあえずルーカスの個人技のみの2得点だけど、点は獲れてるんだから、今のメンツで少し続けてください。







セレッソ・サンフと調子の上がらない相手と連戦ですし、いいイメージ持って、埼玉に乗り込もうぜ!
愛しの東京!
posted by jimon at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エフシ〜トッキョ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

アルウィン・パート2

ではでは前回の続き。

実際のアルウィンの感想などを。



東京MXで前田さんが大絶賛していたようですが、確かに物凄くいいスタジアムです。

専スタではなく一応球技場なんですが、三ツ沢というよりフクアリに近いのかも(行ったことないけどねw)

200607221631002.jpg
バックスタンド


200607221712000.jpg
メインスタンド


200607221713000.jpg
鹿様御一行





とまぁ、こんな感じです。
百聞は一見にしかず、ですね。


周りの雰囲気もすごくよくて、欧州のあまり大きくはないけど地元に愛されているクラブチームのホームスタジアムって、こーんな感じなんだろうな〜、って勝手な想像してみたり。



ただ一つだけ、たった一つだけ気になったことがあります。






噂には聞いていたけど・・・

















臭い















なんというか、肥溜めの匂いをうす〜くした匂いが、スタジアムの中に充満してました。


スタジアム内が構造上だと思うのですが、すごく風の通りがよくて、それも相まってか、臭かったです。





そんな臭い中、試合も終わり、お通夜状態のツアーバスに乗り無事帰路に着いたわけですが、お土産もきちんとゲットしましたよ。


200607231905000.jpg


とりあえず、妖怪珈琲は苦い敗北の味がしました・・・
posted by jimon at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エフシ〜トッキョ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

アルウィン・パート1

というわけで、行ってきました松本広域なんたらかんたら・・・略してアルウィン!



Jを愛する者として、Jを愛する人々に、試合のことは置いといて、アルウィンの感想その他を記述していこうと思います。



最初は「なんで再開ホーム初戦で宿泊覚悟なんだよ!」とか

「調布の花火なんてやめちまえばいいのに!」とか愚痴っていたわけですが、

いざ近づいてくると、なにこの高揚感!

そしてそれに反して「帰ってこれるの?」という不安・・・


小学生の頃の遠足の前の日のような、台風が直撃した夜のような・・・
まぁなんというか、そんな変なテンションで迎えた松本行きの朝でした。


結局雨は降らず、物凄くいい天気に恵まれ、おまけに中央道も奇跡のように空いていて、行き帰りの道中はすごく楽でした。



なにわともあれ、アルウィン到着!

200607221500000.jpg

右上に見えるのがアルウィンの骨格。


200607221631000.jpg

そしてアルウィンの周りの風景。



到着したのが開門前だったので、ソシオ待機列に並びがてら、色々と散策していたんですが、松本の人たちも楽しみにしてたみたいですね。

地元の少年たちが代表やら自分の所属してるチームやらのユニを着て、わいわいがやがややってました。

もちろん当日券にも人が並んでいました。


また売店で働く人たちも松本のシルバー人材派遣のお婆ちゃんだったり、県サッカー協会の方だったり・・・
決して手際がいいわけではなかったですが、すごく温かみが感じられ、妙に感動しちゃいました。


(残念ながら食べ物やビールはキックオフ前には売り切れてしまいましたが・・・)
(周りにほとんど店がないので、これは今後の運営側の大きな課題ですね)



そして試合前には両チームから義援金が渡され、黙祷も行われました。

「がんばろー岡谷市」のダンマクも出ていたし、このタイミングで松本の地で愛するクラブが試合できたことが、ほんとによかったと、しみじみ。

少しでも被災地のためになれたのなら、すごく光栄で誇りに思います。


〜つづく〜
posted by jimon at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エフシ〜トッキョ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

緊張の夏、日本の夏。

大変遅れましたが・・・


本日はTM対大宮アルディージャ@小平に行ったレポでございます。



〇ー娘。の〇っしーと付き合ってた?中澤くんが加入したり・・・

浄くんが長期離脱になっちゃったり・・・_| ̄|〇

前田くんが山形行っちゃったり・・・_| ̄|〇

ヒデが引退したり・・・

いろんなことがありすぎてあまり消化しきれてないんですよ。


■1・2本目
サブ組とは思えない豪華なメンバーで行われました。

浅利が負傷して下がってササのトップ下が見れたり、

中澤くんが一発赤で下がってササのセンターバックが見れたり、

そんなササは坊主頭でかっこよかったり、

no-title

ナオが怪我する前よりやわらかい動きでキレキレだったり、

ユータのボランチはすごく面白かったり、


大宮に比べて「ほんとに選手層厚いなー」と感じました。


■2・3本目

う〜ん、相手がトップだと・・・
よく言えば「がっぷりよつ」、悪く言えば「決め手がない」


正直面白くなかったかも・・・

かなり蒸し暑かったからか、信男さんの動きも精彩欠いてましたね。

ただ、フィジカルの強化が効果を見せつつあるのか、局面局面では運動量は勝っていました。
あとはどれだけ連動した動きの質を見せていけるか、御殿場の成果がもうすぐ見れるわけで楽しみです。


■以下、信男メモ

以前このブログで双子ちゃんと信男さんをゲーフラにしちゃおう!
という記事を、スケッチの画像と一緒にアップしたと思いますが、
本人に見せて聞いてみたところ、






苦笑いしながらも、了承してくださいました!



「早ければ松本で!」と言っちゃったので、予定してた夏休みが取れそうにありませんが、頑張って間に合わせます!






「いつもありがとうございます!」



なんて言われちゃいました!



いえいえ、こちらこそありがとうございます(´∀`)
posted by jimon at 15:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 東京爆走族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。